左利きの万年筆

お気に入りの萬年筆や手帳について好き勝手に書きます。 ~錯誤記載やお気づきの点ありましたら是非ご教示ください、興味のない方は,そ~っと閉じて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題・BPとMP

50

万年筆ほどでは無いですが、メカニカルペンシル、ボールペンにもそれなりにこだわりがあります。
紆余曲折、迷いに迷って現在はこの面々でひとまず落ち着いております。
左におわすは有名なラミー2000のペンシル(0.7ミリの方)
右におわすは伊東屋さん謹製のロメオBP
会社でも万年筆がんがん使ってはおりますが
どうしても万年筆では具合が悪い場面がやっぱり存在し
そんな時は彼らの出番となります。

基本胴回りがぶっといペンが好き、
BPはノック式が理想(これは譲歩しちゃいました。。)
書くときの感触もやはり譲れないな~
エトセトラ、エトセトラ・・・
一応最終系と思っています(はず)



スポンサーサイト

ペンケース

47

こんばんは、

自己暗示がとても良く効いております。
覚えている限り昨年末にM1000をお迎えした後新たな万年筆は増えておりません、
(あ、逆に使う頻度が極端に低い数本をお嫁に出していました。)

ブログタイトルに“万年筆”を掲げながら万年筆関連の記事がここのところ少なかったので今日は、、、、、
万年・・ではなく、・・・・ゴメンナサイ。
ペンケースの事などを。

長らく丸善さんオリジナルのジップペンケースを愛用していたのですが
興味が湧いてパイロットさんのペンサンブル5本差しロールケースを買ってみました。。
写真の状態で巻くと太さ約4センチ!

以前の通勤鞄だったら通勤ラッシュが怖くて
(ぎゅうぎゅう詰め=押される→クラックの可能性!!)
このタイプは選定外だったのですが、
“幅のある”通勤鞄(にもなるカメラバック)を新調したので
ロールタイプでも大丈夫かな~と思って。。

ここ暫くはこのペンケースを鞄に、そしてM1000を差したリュテスさんのペンシースを首にという姿で
通勤しております。。

因みに奥の2本はBPとペンシルで~す。(^^;

こんなに持ち歩いて何に使うの?って疑問は持たないでくださいネ。
そこに5本挿す場所があるから、としか答えようがありませんから。(^^;;





















地味~に・その後1

44

前回、前振りだけというのも無責任?という勝手な思い込みで
最近うつつを抜かしている時計なぞについて・・

職場を見渡すと時代と言いましょうか、携帯電話で時間は分かるし
若い衆の殆どは腕時計などしていません。
まして今時、
月差何秒(下手すれば年差何秒)っていう時計が安価に手に入るのに
日差何秒って機械式時計なんてしているのはよっぽどの物好き、

でも、私、万年筆、時計、フィルムカメラと、
どれも手を煩わせるものに心惹かれるのです。

右側が前振りしたジン似の時計、(良い面構えでしょ^^)
左側が予定より1カ月も早く入手することができたダイバーズ。
(見た瞬間ビビっときて予約しちゃいました。実際に潜ったりはしません)

ともにセイコーさんの4R15という新型キャリバー搭載の海外向け逆輸入品
落ち着いた雰囲気で職場での使用にも何の違和感もありません。

逆輸入品って何だか~って当初思っていたのです、安かろう悪かろうって
手にして凄い質感でビックリ。
自動巻きのみで手巻き(リューズをキコキコして巻き上げる)はできないのですが、
巻き上げ効率が良いのか朝夕2回手で振っていれば特に止まることも無いようですし
精度の良さにこれまたビックリしました

時計を耳にそっと当ててみると規則的な音が
なかなか良い音ですよ!

そういえば、若かりし頃のいっとき時計の動く様子にとても興味を持った事があり
グノモン社の「基礎時計読本」なんて分厚い本も一通り読んだりしました。
さすがに分解するのは怖くてできませんでしたが・・。



more »

地味~に、

こんばんは、
相変わらず暑い日々、
人間様の方はかろうじて夏バテせずにすごしておりますが、、

我が家のPCのファンは轟音を轟かせ、
熱暴走?
挙動不審な動きが続いており、明らかに夏バテ状態

う~ん、サクサク動かないのイライラするし
PCの前に座る時間かなり短くなっておりました。。。。

で、で、

そのはけ口はと言いますと、、
地味~に物欲炸裂という方向に、、(確信犯か?)

今年は残り、おとなしくしておこう、と思っていたのですが、
1:むしょうに時計がほしくなり「ジン」(ヘルムート・ジンさんのパイロット時計)にそっくりな
セイコー逆輸入時計逝っちゃいました。。
2:せっかくのM4、週末だけじゃもったいない!、という事で通勤に使えるカメラバックも逝っちゃいました。
(これで常に持ち歩ける)
3:時節柄来年の手帳はどーしよう? はい、迷うことなく能率さんのゴールド予約入れちゃいました。。

ここで、新しい万年筆を、っていう方向に持っていくとさすがに自腹でも奥方様の怖ーいお顔が、、
なんで
カモフラージュ作戦という事で、、、。^^;;
(なんじゃそりゃ)









ひとまず!

前回記事にさせていただきましたライカM4
昨日ようやくフィルム1本撮り終えプリントとネガの確認

素人目には問題は無さそう。
ひとまずは安心できました。

こと写真に関しては
週末に持ち出す程度、
素人の道楽・・
腕はカラッキシ!
100%自己満足の世界をひた走りしておりますが、
M6使いだして10数年、、あの形を手が覚えていると言いますか、
私の残りの人生分くらいは充分活躍してくれそうです^^/

過去記事にしたと思うのですが、
このライカM4
春先に銀座の一丁目からもんじゃの島に移転したお店で買い求めました。

予算内で購入できるものを!
って事でオリジナル云々あまりこだわり無く
お店の方にどれが一番調子が良いですか?って尋ねて調子・感触優先で決めたのですが、
巻き戻しクランクは“R→”が無く明らかに後付け(それはお店で分かりました)

家に持ち帰ってしばらくしてから気がついたのですが、、
M3やM2までについてM4からは無くなっているはずのポッチ(でっぱり)がついてます。
~レプロビットっていう複写装置に取り付ける時に使うものだそうです:なんじゃそりゃ??~

ファインダーの無いMDa(でしたっけ?)にもこのポッチついているようですが
私のM4はセルフタイマーついているし(MDaにはセルフタイマーないハズ)
???
2コイチか3コイチ?なのかな~
ま、そんあところもなかなか楽しませてもらっております。^^


43

ところで「夕焼け」と「末娘のピンク色のお腹」
残念ながらライカでは撮り切れず、今度改めて挑戦したいと思います。
(掲載の写真はコンデジで撮ったものです^^ )



 | HOME |  »

プロフィール

Author:オヴリーク

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。