左利きの万年筆

お気に入りの萬年筆や手帳について好き勝手に書きます。 ~錯誤記載やお気づきの点ありましたら是非ご教示ください、興味のない方は,そ~っと閉じて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのところ。。

こんばんは、、
万年筆や手帳の話題から離れてしまうのですが、、

ここ最近英語の辞書を読みふけっております。
(英語がしゃべれる、という兆候は全くありません!!半ば趣味と化しています)
イヤー面白い、下手な小説なんかよりよっぽど面白い!

始まりはアンカーコズミカって学習英和辞典からだったのですが
持前の収集癖がウズウズと・・・
あっという間に・・・カレッジクラウンの大判、ロングマン英英、とどめに熟語本位英和・・・と
面白い???ともっぱら評判の辞書が数冊増えてしまいました。

と言っても古書店で安価なのを探したり
エコポイントで交換した図書カードで購入したりと
万年筆購入のための軍資金の方には実質的にあまり影響しないようにしておりますが^^

辞書の写真アップしても面白くないので今日は写真無し!です。

スポンサーサイト

デザイン・ワイさんの革手帳(続き)

29

前回紹介させていただいた「デザイン・ワイ」さんの革手帳
製作されている吉野さんのご厚意で1冊戴きました。(感謝!!!)


30


一冊一冊封蝋がされています。
(うーん、解くのがもったいないような気が・・・)

31


そして、裏表紙には
「デザイン・ワイ」さんの“万年筆のペン先”と“Y”のデザインの焼印が押されています。
(拘りがヒシヒシと伝わってきます!)

そして、製本の方法や大事な“紙”、糊に至るまで
よくぞここまで!と思えるほどの作りこみがされています。
(裏で様々な紆余曲折があったんですねコチラで初めて知りました、すごい!)

書いた感じは・・
師匠も食指を動かされたご様子(^^)
皆さんも是非御自身の“手”で感じて見てください
(うーん、感覚を伝えるのは難しい。。)

 | HOME | 

プロフィール

オヴリーク

Author:オヴリーク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。