左利きの万年筆

お気に入りの萬年筆や手帳について好き勝手に書きます。 ~錯誤記載やお気づきの点ありましたら是非ご教示ください、興味のない方は,そ~っと閉じて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち方・・(角度○○度の変遷)

万年筆
どんな、持ち方をされてますか?

どんな持ち方でも良い字(“情報伝達能力”“趣き”どちらの面でも)が書ければ
それで良い気はいたしますが、、

38-1
38-2

文字を書きはじめた時分から長らくこんな持ち方で字を書いてきました。
手首の捻りも加わりペン先がこちら側を向いています・・


おや~。

38-3


万年筆を日々使い始めた頃から徐々にですが
“横書き”になってきました。
ペンが寝てきたせいでしょうか、ペン先のタッチが少しわかるようになってきたカモ。。

38-4

で、ココ数年は、
こんな持ち方
今までは指のハラ(点)で軽く持つ事を意識していたのですが
人差し“指”を添えるような感じ、面で支える感覚で持っています。
(まだまだ意識をしないとって状態ではありますが)

私の場合は!ですが
この持ち方にしてようやくペンの撓り具合とか直感的に感じられるようになった気がします。
鈍いだけとも言えますが^^;

(あ、撓りを感じるためだけに万年筆を使っている訳ではないですよ!)

万年筆を自分の書き方に合わせる。
これがごくごく普通の考え方なのでしょうが。。
私けっこうひねくれ者でして (^^)/












スポンサーサイト

パイロッ党

37
集めたつもりは全くありません。

コレクターになるつもりも全くありませんが
手持ちの万年筆の三分の一がパイロット(ナミキ含む)という状況になってました。

その昔はモンブラン一辺倒
思いっきり食わず嫌いをして
パイロットの万年筆は全く食指が動かなかったんですが
惚れてしまえば○○
変われば変わるって事でしょうか。

おっと、偏っているのは今も変わらずでした。。
どういう訳かセーラーの万年筆とは御縁がなくて一本も持ってません。
(手に持った覚えも、、、無いカモ。)

手に取る回数の多い少ないは出てきてしまいますが
だからと言って数本に絞ろうっていうのは私には無理なようです。
(そもそも絞ろうなんて気が無いんですが、、、、、ネ。)






あああ!!

36
こんばんは、

まずは画像を、、、

自作の“ポスティング”・・・・・
のはずはありません。

迂闊にもインク吸入時にインク瓶の底に押し付けてしまいました。。

月夜の真っ青なインクの中からから顔を出したペン先は OH NO!

今度は私の顔が真っ青になりました。。

風呂上がりにハンドクリームを塗った手でインク吸入をしたのが
そもそもの間違いでした。

かれこれ四半世紀近く万年筆を使ってきましたが、
こんな失敗は初めて。。。
2度目が無い事をを祈るばかりデス。

素人判断でできもしない救済策はせず、
このままそーっとワーグナーの定例会に持ち込みたいと思います。。。。


・・・肩にカメラを掛けている時にすっ転んで
一拍おいてからカメラが地面に激突する感覚
に引き続きもう二度と味わいたくない感覚です。 OZ

皆さんもご注意を(って私だけか、)

で、その後~2010年(以降)の手帳決定!

33
過日2010年以降の手帳についての記事をエントリしましたが、
候補とした手帳3冊が先月末すべて揃いました。
①能率手帳ゴールド
②伊東屋オリジナル手帳(1週間レフトタイプ)
③PILOTオーディナル(1週間レフトタイプ)
夏まではバーチカルタイプばかり好んで使ってきたのですが
(1週間レフトってどーも使いずらそうで敬遠してました)
私なりの工夫(ってほど大それた事ではないのですが)で
「なんだ使いやすいじゃないか!」って事になり^^;
このタイプの手帳で今後ずーっと通していこう!
しからば・・・
①廃番の可能性が低い(ハズ)
②愛着が持てる
③丈夫
etc.
あたりを念頭に上記の3つの中から選ぶ事としました。
(ただ、どれも少しずつ不満があるのは確かです)

結論から言うと
ガントチャートの月間予定表とメモ欄のミシン目が嫌いなのですが
(今後月間ブロックタイプの販売を期待しつつ)
能率手帳ゴールドで決定しました!

で工夫(使い方)なんですが、
手帳の見開きを概ね縦に4等分して使う、それだけです。。。
来客や会議が頻繁にある職種ではないので
能率手帳の紙面で言うと
左ページの左半分(時刻欄5時くらいの位置まで)を
その日忘れてはならない事(業務であり、来客予定であり・)
左ページの右半分(5時から12時まで)を
その週やるべき事柄
そして
右ページの左半分を
少しスパンに長い業務や他者への依頼事項等々
右ページの右半分を
個人的なメモ等々
~を箇条書きしていくって使い方をしています。
(??こんな説明で解っていただけるだろうか??、、まぁ好きに使えば良いのでしょうが。。)

そしてもう1冊
34
能率手帳の方は主に“今後”に着目した使い方をするので
“今とか今日”の記録、要は別冊日記メモとして伊東屋オリジナル手帳を使ってみようかなと思っています。
来年以降は見開き1週間タイプになるかもしれませんが・・
(これなら日曜始まりが気にならない)
35

そして選に洩れたPILOTのオーディナル
うーん、使い方見つかってません。

次点の理由なんですが、
紙の質も良いですし手帳としての使い勝手は良さそうなんですが・・
今後を考えると
入手するのに手間がかかる(店頭であまり見かけないんです。探し方悪いのかもしれませんが) (パイロットさん気合い入れてるのか良く見かけるようになった。)
ずっと製造し続けてくれるのだろうか?不安
そして
前にも書きましたが手帳本体とカバーの遊びがどーしても気になってしまう

3冊見比べてこんな結論となりました。




気候が良くなり。 ~№149 75周年

32
気候がだいぶ良くなり
暑い間インクを抜いていた万年筆に現場復帰をしてもらいました。
そのうちの一本MB№149 の75周年 リミテッドエディションです。

「限定品」「今しかない」っていう「魔法の言葉」で
貸主お家(奥様) 利率0% 毎月数千円の数十回払いで入手^^

ゴテゴテせずセンス良くまとまっているところが大変好きなのですが
書いた感じは普通の細字、

昨今スゴイ値段で流通してるようですが・・
過大評価しすぎるとガッカリしてしまう気がします。。

限定品でも気に入って手に入れたからには使う!という信条のもと
色彩雫の山栗を入れ使っております。。

師匠の手によりにゅるにゅる調整が施され持っているポテンシャルは
充分に引き出されています。
確かに“良い” 良いのですが
手がそれ以上の感覚を求めてしまうというのでしょうか?
何かが足りない・・。
そんなフラストレーションを感じてしまうことが度々・・・
数本しか万年筆を所有していなかった時分でしたら
間違いなく「美味かな美味かな」って言えたんですがね^^;

えいや!って「大吟醸山田錦」研ぎをお願いしようとも思っていたんですが
リスクを熟知されお困り顔のらすとるむさんに無理強いはできないですし・・

使用頻度が極端に少なくなるんだったらお嫁に出すか!?
とか色々考えたんですが

彼(女)が悪い訳じゃない、このまま腹を決めてガシガシ使っていこうじゃないか!
と思っている今日この頃デス。。

 | HOME | 

プロフィール

Author:オヴリーク

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。