左利きの万年筆

お気に入りの萬年筆や手帳について好き勝手に書きます。 ~錯誤記載やお気づきの点ありましたら是非ご教示ください、興味のない方は,そ~っと閉じて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80%分の1

48

こんにちは。
3月もなかばが過ぎ、「年の瀬が~」っていう前回の文面が非常に気になっていたところなのですが
中々重い腰が上がらず今に至ってしまいました。

思い返すと・・・
今年は猛烈なスタートを切ってしまいました。。。
本日現在万年筆5本取得(バカ)そのうち4本は№149(大バカ)
厳密に言えばこの他にTWSBIをニブサイズ毎に一本ずつもらったりもしております
(ちょっとした特殊事情があったのですが。。)

画像は4本の№149のうちの1本。
行きつくところまで行った感が。。

翻訳ソフトを駆使しコネチカット州の業者さん(知らなかったが有名な人らしい。。)と
やり取りをして海を渡ってやってきました。

18C、Fニブのマスターピース
輸出仕様ってヤツでしょう。。

来た当初はペン先が段差ありあり状態。
商品が届いたよメールにその旨書いたら、
出荷前にオレは必ず書いてから出荷するんだが気持ちよく書けたよ。
ま、書き方は人それぞれだからね、バイバイって返信が来ました。
アメリカ人どんな書き方してるんだ。。

水を吸わせじっと我慢の数週間を経て
水道橋に会場が変わったワーグナー定例会に持ち込み(大宮に続き本年2回目の参加)
師匠の手で調整をしていただき気持ちよく使えるようになりました。

商品説明にあったのですが、
よーく見ると小さな打痕が2か所(笑窪つき!)

手に取って仔細に見るとクリップが心なしか斜めについてるような気が
(気がつかなかったんですが、手持ちの“なで肩クリップ”見たら多かれ少なかれみんな少ーし曲がってた。)

そして、いくらか胴軸に痩せた箇所がありますが私には必要充分な状態、
円高の手伝いもありましたが入手して良かったと思っております。

50年代№149って過去試し書きしたことが無く
正真正銘このペンが初体験なんですが
柔らかいけど腰がある不思議な感覚(個体差もあるのでしょうが)
こりゃハマる人はハマるわ、

自己満足以外の何物でもないんですが
他の万年筆とはまた違った良い線が書ける気がします。

でも、この万年筆インクの消費は激しいですね!!
書き出し擦れがまず無いんでストレスは感じないんですが
インクがストンと落っこちてくる感じかな。。











スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

Author:オヴリーク

カレンダー

12 | 2012/03 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。