左利きの万年筆

お気に入りの萬年筆や手帳について好き勝手に書きます。 ~錯誤記載やお気づきの点ありましたら是非ご教示ください、興味のない方は,そ~っと閉じて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的万年筆の手なずけ方

49
前回ペン先とクリップを移植してもらった№149です。
予想外に良い線が引けるので目下特訓中です。

というのも「そのまま」で得も言われぬ書き味を提供してくれる万年筆って
まず無いと思います。
これは万年筆側の理由と書き手の側の理由とがあると思いますが

最終手段としてペンクリで書き味調整をしていただくとしても
自助努力として。。。

ただひたすら書きまくる!
手帳の記載、メモ書き、、書くという行為のほぼすべてを今この万年筆を使って行っています。

プラス

家族が「遺言ノート」と呼ぶノートに(もったいないですがわざと一番良いノートを一冊潰してます)
ひたすら住所・氏名・頭に浮かんだ単語のみならず○、△、等々を書きまくります。

日記を書くでもなく圧倒的に書く事が少ないので苦肉の策です。

ここで良くやるのが
任意の中心点に向かって上から下、左から右、左下から上へって色々な角度から線を引くことや

今の筆記角度から段々捻った(左利き特有の)書き方にしてみたりとか、

あと筆記体のLの字を裏表で。。

大体ここまですると(しなくても判るか、、)
どっかしらの線がガリって感じがしたりインクの出が悪かったり
”敵”の素性がわかってくる気がします。

素性が判ってきたらどうするか
*下記くれぐれも自己責任でお願いしますね!!!

おもむろに新聞紙を広げ
一面全部がインクの色で埋まる程度まで更に書きまくります。

ペン先とペン芯が離れていたり、ペン先に段差があれば話は別ですが、
ざら紙と紙面のインクがいい塩梅に働いてくれて(理由不明)
ここまでするとある程度は筆記感が良くなるようです。
(新聞紙に書いた後は軽い洗浄をお忘れなく、、)

改善が見られなかったら、、
私は素直に知識のある人に助けを求めます、、

さて、そろそろまたこの№149で書きまくりまーす。




コメント

お久しぶりです。

なにやらスペシャルなNo.149が手に入ったようですね。
じゃじゃ馬の149ですから、左手の一部にしてしまうには
相当文字を書かなければいけないと推察します。

でも、これも万年筆使いの贅沢。
ゆっくり楽しんでください。

Re: タイトルなし

銀狐さま

こんばんは、
ご無沙汰しております、
気に留めてご来訪いただきありがとうございます。

> でも、これも万年筆使いの贅沢。
正にコレ!贅沢の極みでしょうネ。
日々の一喜一憂を楽しみたいと思います!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

Author:オヴリーク

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。